CRかインレーか

投稿日:2018年2月5日

カテゴリ:治療

虫歯の好発部位の一つとして、隣接面(隣の歯と接している箇所)があります。

ここから虫歯になると、ある程度進行してからでないと見つけるのが困難なことが多いです。

側面から洞窟状に虫歯が広がって行くので、表から見ても何も起きていないように見えるからです。

そのような特性上、削ってみると意外に大きくなっている…なんてことも。

このときの治療方法としては、CR(お口の中で詰めるもの)かインレー(模型上で歯科技工士が作製してセットするもの)のどちらかになることがほとんどかと思います。

CRの方が処置回数も少ないし、一般的には歯の切削量も少なくて済みます。

しかし、全てのケースでCRで処置できるわけではないのです。

必要な条件として、横の幅が一定の範囲内にあること、そして歯肉の上にある程度の健全歯質が残すことが出来るか。

この、歯肉の上の健全歯質というのが、実はかなり大事でして、歯の微妙な湾曲を再現する為に必要なんです。

マイクロスコープで慎重に虫歯を除去して、この部分を残せるかどうかで判断します。

なので、ほとんど同じような除去量でもCRで出来るか、インレーになるか分かれることも多々あります。

■ 他の記事を読む■