CR充填の方法

投稿日:2018年2月27日

カテゴリ:治療

歯の治療で用いるコンポジットレジン(CR)。

充填する部位によって使う種類を変えています。

コンポジットレジンの種類として大きく分けると”フロー”と”ペースト”があります。

簡単に説明すると、フローは流れのよい、固形と液体の液体寄りのもの。

ペーストは、固形と液体の固形寄りのもの。

ペーストは柔らかい粘土みたいなイメージですかね。

器具での成形がしやすく、細かい形態を与えたいときに有効です。

逆にフローは一般的に成形するのには適しておらず、ペーストだけでは緊密に充填しにくいような箇所を埋めてペーストを充填しやすいような形態にするのに有効です。

最近のCRは以前に比べて飛躍的に進歩しているので、とても扱いやすくなっています。

とは言え、適用可能か否かの判断をしっかりしなくては適合のよい充填は出来ません。

■ 他の記事を読む■