ダイレクトボンディング松戸

投稿日:2019年8月19日

カテゴリ:治療

先日、ダイレクトボンディングについて書いたところ、どのような治療なのかとご質問があったので、具体的な症例を紹介しようと思います。

審美的な理由でパラジウム合金のインレーの再治療を希望された患者さんの例です。

インレー除去前の写真

インレー除去後

虫歯検知液を使って虫歯を除去したところ

歯の着色は菌の侵入に先行するので、着色部を全て除去するわけではありません

隣の歯との接触を理想的な形態にするための器具の設置

コンポジットレジンの収縮を考慮して、一層薄く充填をおこないます

隣の歯との接触部にコンポジットレジンを充填

内側の部分に充填を行い、単純な形態にします

一度に充填するのではなく、少しずつ充填

残っている歯の形態を参考にして最終充填

写真は一枚のみですが、この部分は何回かに分けて充填しています

形態修正およびかみ合わせの調整を行って終了

 

少し細かく写真を載せてみました。

専門的になりすぎたかもしれませんが、実際は写真の数以上の細かな過程をふんでいます。

使用しているコンポジットレジンは保険診療外のものであること、これらの治療は十分な時間をとって行っているので、このような治療は自由診療で行っております。

 

使用している写真は患者さんの了解を得た上で掲載しております

 

■ 他の記事を読む■