痛みを抑えた無痛治療

『歯医者は痛いから行きたくない』そんな方に朗報です

無痛治療

『歯医者は痛いからできるだけ行かないようにしている』という、痛みに敏感で歯科医院が怖いという方にこそご来院いただきたい、松戸デンタルクリニックはそんな歯科医院で、痛くない歯医者として、松戸近辺から多数の患者様にご来院いただいております。そのワケをご説明します。

松戸デンタル式『3つの無痛治療』

歯科における痛みは大きくわけて治療前、治療中、治療後の3段階で発生しますが、松戸デンタルクリニックでは、それらすべての痛みを最大限抑える最新治療が可能です。我々が、無痛治療で患者様に喜ばれている3つのワケをご紹介します。

  • ぬる麻酔

  • こだわりの麻酔法

  • 精密治療で低負担

①ぬる麻酔(表面麻酔)の利用(治療に入る前の痛み緩和)

ぬる麻酔まず、治療に入る前に麻酔を行うケースがありますが、この麻酔が痛いからイヤだ!という方が多いと思います。でも、ご安心下さい。当院の麻酔は痛くありません!

まず、麻酔針をさす前に、塗る麻酔というのを使用して表面をマヒさせますので、針をさす感覚がありません。

毎回、『え!?もうハリを刺してるの!?』と驚かれるくらい、何も感じません。

②痛くない麻酔法(治療中の痛みの緩和)

こだわりの麻酔法

ぬる麻酔をすることで、表面がマヒして痛みを感じることがなくなりましたので、次は麻酔注射を打ちますが、なにも考えず、ブスっと刺すと、粘膜の中で痛みが生じます。

しかし、『麻酔針をさす』のではなく、『粘膜を針にさす』という逆転の方法をすることで痛みは何倍も軽減されます。さらに!電動麻酔器を使用することで、麻酔液注入時の痛みも緩和されます。

現在の歯科麻酔において、最大限の痛み軽減法を用いた『痛くない麻酔注射』にぜひ、驚いてください。

③マイクロスコープ&拡大鏡をつかった低浸襲な治療(治療後の痛みの緩和)

精密治療で低負担治療後に痛みが出ると、ロキソニンやカロナール、ひどいときにはボルタレンを処方される場合があります。

治療後の痛みには『どれだけ歯や歯ぐきに負担を与えたか』がポイントになります。削る面積や切開する面積が大きいほど治療後の痛みは増し、治癒期間も長くなります。

しかし当院では、マイクロスコープや拡大鏡を使用することでこれらを最小限に止め、治療後の痛みを最小化させることができます。(マイクロスコープについてはこちらをご覧ください

痛みをおさえた治療をご希望の方はぜひ当院へご相談下さい

無痛治療

とはいうものの、すべての治療においてまったくの完全無痛で行うことは現在の歯科技術では不可能で、絶対になにをしても痛くないワケではありません。しかし、松戸デンタルクリニックでは、現存する施術方法の中で最大限の痛み緩和法を行ない、患者様には

ぜんぜん痛くなかったから、もっと早く来ればよかった』とおっしゃっていただくことが多くあります。

松戸で痛くない歯医者をお探しの方は、ぜひ松戸デンタルクリニックまでご相談ください。きっとお役に立てると存じます。スタッフ一同お待ちしております。