入れ歯・義歯

当医院の入れ歯がなぜ好評なのか

入れ歯

松戸デンタルクリニックでは、開業から30年、多数の入れ歯に関するご相談が寄せられています。なぜ当院の入れ歯が喜ばれているのでしょうか。それは機能性を高めるための様々な工夫に秘密があります。

選ばれる理由1.選択肢を広くご用意しています

入れ歯

入れ歯に関する悩みは本当に多く聞かれます。「痛い」「外れやすい」「見た目が良くない」こういった不満の多くは、入れ歯に使われる素材が保険適用では良い物を使えないことに大きな原因があります。

そこで当院では保険適用の素材以外にも、患者さんの要望に合わせた様々な素材を使った入れ歯をご用意しております。

見た目を重視したい方はスマイルデンチャー

スマイルデンチャー部分入れ歯は固定するために金属製のバネを使用します。

この金属が見た目を非常に悪くしてしまうのです。

スマイルデンチャーは金属製のバネの代わりに歯茎の色に近い樹脂を使うことにより、目立たない状態で装着することが可能になります。

グッと噛んで食事をしたいなら磁性マグネットデンチャー

磁性マグネットデンチャーマグネットの磁力を利用して装着感を高めたのが磁性マグネットデンチャーです。

お口の一部に医療用の磁石を埋め込み、入れ歯側の磁石と引合わされることでしっかりと密着することができます。

密着力が高いため、食事の際に噛む力もアップ。食事をより楽しむことができます。取り外しも簡単に行えます。

痛みのない入れ歯ならシリコン義歯

シリコン義歯生体用シリコンという医療用の資材を使って作成される入れ歯です。

従来の入れ歯は柔軟性に欠けるところがありますが、シリコン義歯はシリコンがクッションの役目を果たし、無痛入れ歯と呼んでもよいくらいに痛みや違和感がありません。

密着感も高まるので噛む力が約2倍になるなどの報告もあり、咬合力向上のメリットもあります。

頑丈さにこだわるなら金属床

金属床金属床は、床の部分に生体親和性の高いチタンやコバルトクロム素材を使って作られます。

金属床の入れ歯は大変頑丈で咬合力の強い方でも壊れにいです。

また、金属は熱を通しやすく、食べ物の温度を感じやすいので冷感・温感を感じ取ることができます。食事の楽しみも十分に味わうことができます。

選ばれる理由2.熟練の専門歯科技工士との連携

入れ歯

歯科医師が患者さんのお口の型やその他の情報を収集しますが、それを元に実際に入れ歯を作成するのは歯科技工士です。入れ歯を作るためには専門の知識と技術が必要で、その完成度を高めるためにはより技術力の高い職人としての歯科技工士の存在が必要です。

松戸デンタルクリニックの提携する歯科技工所には入れ歯作成のプロの歯科技工士がおりますので、より精度の高い入れ歯を作成することが可能です。

選ばれる理由3.制作工程にも時間をかけます

入れ歯

従来の一般的な入れ歯に不満が多く持たれるのは、その製作工程が本来のお口の動きを無視して作られていたからです。

人の口は生活の中で様々な形に動きます。食事のとき、話す時、呼吸する時、場面ごとにその形は変化します。しかし保険適用の入れ歯は一定のポーズで型取りをし、その通りの入れ歯を作って終わりです。これでは口の動きや変化に対応できず、痛みなどの不具合が出てもおかしくはありません。

  • ティシュコンディショニング

    入れ歯入れ歯の圧力が原因で歯茎や口腔内に傷が出来たり痛んだりする場合、医療用の調整剤をかませることで口腔組織へのダメージを減らし、痛みを和らげる処置を施すことができます。

  • 個人トレーの利用

    入れ歯オリジナルの個人トレーを使って型取りをすることにより、お口の変化や舌の動き、噛み癖などの情報をより多く集めることができ、より使用感の良い入れ歯を作成することができます。

  • シリコン印象材の利用

    入れ歯型取りに使う印象剤は、複数ありますが、もっとも正確な型取りが可能であるシリコンを使用して行います。

  • 噛み合わせ調整

    入れ歯歯を噛みこんだ時だけでなく、お話をしているときにも正しく噛み合わせができるよう、しっかりと調整を行います。

松戸で入れ歯の作成、作り変えをご検討の方へ

入れ歯

このように松戸デンタルクリニックは開業30年、入れ歯に関して診断段階から製作工程、噛み合わせの調整など、より機能的な入れ歯の作成徹底的にこだわっております。きっとご希望にお応えできると思いますので、松戸で入れ歯の作成や作り変えをご検討の方はぜひ、お気軽にご相談ください。