痛くない親知らず抜歯

親知らずは抜いたほうが良いはウソ

親知らず抜歯

親知らずはできるだけ早く抜いた方が良い、とされていた時代もありました。ですが今は親知らずはできるだけ抜かないでおく治療方針がとられています。親知らずを抜こうと思っている方はちょっと待って下さい。松戸デンタルクリニックの親知らずに関する見解をご紹介します。

親知らずは再利用できるんです(親知らずの移植、再生療法)

親知らず移植

基本的には、悪さをしない親知らずはすぐに抜くべきではないと考えます。その理由は、将来別の歯が虫歯で抜かなければならなくなった時、親知らずを移植して使うことができるケースがあるからです。

歯の形やその他条件などで必ず使えるというわけではありませんが、今現在何も不具合を起こしていないならば焦って抜く必要はありません。

親知らずの移植歯の移植は自家歯牙移植といいます。

実際に当院で行なった自家歯牙移植(親知らずの移植)の症例を解説付きでご紹介しますのでぜひご覧ください。

自家歯牙移植(親知らずの移植)について詳しくはこちらから

親知らずを抜歯するべきか考えるとき

とはいっても、上記で記載したとおり、親知らずが悪さをしているケースがあります。下記のような場合は、移植などの再生療法ができなくなるデメリットと抜歯することで得られるメリットを天秤にかけて判断します。

  • 親知らずが生えきっておらず、中で膿んでしまい強い痛みがある場合
  • 歯茎から顔を出している、形がいびつ、など歯磨きが正確にできずに虫歯リスクが非常に高い場合
  • 生え方が不正常で噛み合わせが悪く、他の正常な歯へ悪影響がある場合

親知らずを抜くときの痛みが不安ですよね?

親知らずの痛み

親知らずも他の歯も抜歯時の痛みが怖いと思ってしまいますよね。当クリニックでは、麻酔をしっかり行なったうえで、侵襲の少ない処置を心がけておりますので、ご安心ください。

処置の痛みを軽減するための麻酔自体が痛いのも嫌ですよね。松戸デンタルクリニックでは、麻酔時の痛みもしっかりとコントロールして患者さんに安心して処置を受けて頂いております(詳しくは無痛治療ページをご覧ください)。

抜歯後の痛みや腫れは、抜歯時の侵襲度合いに左右される

親知らず抜歯抜歯後、麻酔が切れると痛みが出ます。痛み止めを飲んで対処しますが、何日も飲み続けるのは避けたいですよね。

この「抜歯後の痛み」は、抜歯時に切開した部分の縫合の丁寧さや、抜歯時の侵襲の大小に比例してきます。

松戸デンタルクリニックではドクターの熟練した技術を用いて、親知らずを抜いたあとの痛みを抑え、患者様のご負担を軽減しております。

ドライソケットによる痛みについて

親知らずのドライソケット抜歯後、歯があった部分はぽっかりと穴が開いた状態になりますが、その部分には血がたまり、血餅という状態になって患部を保護してくれます。

しかし中にはこの血餅が上手く形成されず、患部が露出した状態になってしまうことがあります。これをドライソケットと言いますが、血餅が形成されないと、そこから食べかすや雑菌などが入り込み不具合を起こすことがあります。

こうなると痛みも出るため、早めに受診して処置を受けて下さい。人為的に出血を起こし、血餅を形成させたり、人工の蓋のようなものを被せ、対応いたします。

親知らずを抜歯すると顔が小さくなるか?

親知らず抜歯

結論からすると、多少の小顔効果はあるかもしれません。ただ実際に小顔目的で親知らずを抜歯しても、思ったほどの効果を認めないことも往々にしてあるようです。

しかしそのために抜歯をするのが推奨されるかどうかというのは一概には判断できません。医師によっても見解が分かれるところでしょう。美容歯科などで積極的に行っている所もあるかもしれません。モデルさんなどでどうしても仕事上必要だという場合は相談してみてもいいかもしれません。

松戸で親知らずを抜歯するなら松戸デンタルクリニック

このように、親知らずには抜いた方が良い場合と抜かないほうが良い場合があります。松戸で親知らずの抜歯をご検討の方はぜひ、松戸デンタルクリニックへご相談下さい。