詰め物・被せ物

美しさを求めて~最新審美歯科治療

審美歯科

  • 前歯など人に見られる箇所のすきっ歯が気になる・・・
  • 銀歯の色が気になって仕方がない・・
  • 歯がかけたところが気になる・・・

このような見た目の悩みを解決し、患者様の理想の姿へと導くのが当院の審美歯科治療です。

審美歯科は優秀な歯科技工士との連携がかかせません。

審美歯科

歯科で使用される詰め物や被せ物は、実際は歯科技工士という歯医者さんとは別の技術者が作成します。セラミックなどの製作は歯科医の技術とはまた異なる技術特性を必要とするためです。

審美歯科歯科で使用するつめ物や被せ物等の補綴物はまるで芸術作品の様なもので、それを作り上げるのは歯科技工士と呼ばれる職人さんの腕にかかっています。

歯の治療を行う歯科医師の技術はもちろん大切ですが、あなたのお口の中に装着されるつめ物やかぶせ物完成度もとっても大切です。

ですから当院では、最高の素材を作って頂ける歯科技工士さん(埼玉県の歯科技工所であるデンタルスタジオ和の堀口氏)と提携関係を結んでいます。

当院で行った審美歯科治療(セラミックインレー、レジン充填)

当院で行った銀歯を白いセラミックの詰め物と、コンポジットレジン充填という方法で治療した例を解説つきでご紹介します。セラミックの詰め物は見た目がきれいになることももちろんですが、適合のよさや劣化のしにくさから、二次的な虫歯になりにくいという大きなメリットがあります。

  • ①ご来院時の銀歯の詰め物

    銀歯の詰め物
    患者さんの希望により、銀の詰め物をセラミックなどに換える処置を行うことにしました。

  • ②銀歯の除去

    銀歯の除去
    奥の詰め物を外したところです。歯質をなるべく多く残すように、慎重に金属を外します。

  • ③隣の歯も銀歯を除去

    銀歯の除去
    手前の詰め物も外して綺麗に処置を行ったところです。治療から5年程度経過した銀歯の下はほとんどのケースで虫歯に再感染し虫歯が広がっているケースが多いです(=2次カリエス。2次カリエスについて詳しくはこちら>>)。

  • ④レジン充填にて修復

    レジン充填
    手前の詰め物を外した部位に関しては、その範囲がそこまで広くなく、奥の詰め物を外すことで視野を確保できたこともあり、お口の中で直接詰めるコンポジットレジンという材料で処置を行いました。インレー治療より削る部分が少なくて済む処置です。

  • ⑤形成処理

    形成処理
    奥の歯はセラミックの詰め物で処置を行うために、強度や残存歯質の状態を考慮して形態を整え、型取りを行いました。

  • ⑥色合わせ

    色合わせ
    色の指標となるサンプルと患者さんの歯の写真を一緒に撮ることで、残存歯質の色と調和した詰め物を歯科技工士がオーダーメイドで作製することができます。

  • ⑦セラミックインレーの完成

    セラミックインレー
    模型と写真を歯科技工士に送り、精度の高いセラミックの詰め物を作製してもらいます。

  • ⑧インレー装着で治療完了

    インレー装着
    セラミックの詰め物を調整してセットしたところです。 色調もしっかりとマッチして審美的な回復が出来ていると思います。

▼上記症例の患者様データ

年齢・性別 21歳女性
治療期間 約3週間
治療回数 3回
治療費 約7万円
考えられるリスク 歯質切削量が多くなる場合がある

専門家があなたのための素材をご提案

素材をご提案

保険適用の補綴物では満足な治療効果を望めないことが多いため、様々な特性を持つ各種素材の中ならあなたに合った素材を選定しなければなりません。

当院では噛む・話すなどの機能性、長期間安心して使える安定性、見た目の審美性、金属アレルギーの有無、二次カリエス(虫歯)の起きやすさ、噛み合わせなどの条件を考慮して、患者様に最適な素材をご提案差し上げています。

ご予算に合わせた素材をご提案します

松戸デンタルクリニックでは、気になる治療費と合わせて相談をして頂けるので、納得した上で治療を進めることができると患者さんから好評です。(治療費に関してはこちらから

sample

審美治療においても機能性を失わせない治療工程

審美治療

お口の役割は食べる、飲み込むなどの人間の根幹に関わる大事な作業となります。歯は食べ物をかみ砕き、咀嚼することで、内臓と合わせて栄養を取り入れるための大切な器官と考えます。

見た目などの審美的な治療を施したためにこれらの根幹機能が失われるようなことがあってはいけません。またお口だけでなく、あごの疲れや肩こり、頭痛や腰痛などを誘発する可能性もあるので、体全体のバランスを考えて治療を行わなくてはなりません。

その為には綿密な計画に基づいた治療工程が必要になります。当院でのこだわりの治療工程をご紹介しましょう。

  • 初期治療の徹底

    初期治療の徹底虫歯や歯周病がある時は先に治療。健康なお口あってこその美の追求です。

  • 歯科用拡大鏡の使用

    歯科用拡大鏡の使用歯科専用の拡大鏡を使い、高倍率の環境で精密な作業を行います。

  • シリコンでの型採り

    シリコンでの型採りお口の中の型取りに使う印象剤はケースによって最適な素材を使用します。

  • ワックスアップ(形成)

    ワックスアップ補填物を作成する時にシミュレーションを行う工程で、イメージデザインを施します。

  • 仮歯の精度向上

    仮歯の精度向上ワックスアップのイメージをもとに作成した「精度の高い仮の歯」を患者様のお口に装着し、バランスを診ます。

  • 歯肉圧排(あっぱい)

    歯肉圧排(あっぱい)歯肉を押し下げ、歯と歯茎に隙間が生じないようにします。虫歯予防と完成後の審美性の向上効果があります。

松戸でつめ物、かぶせ物をご検討の方へ

審美歯科

つめ物、かぶせ物が取れた、割れたなどで、松戸の歯科医院をお探しの方は、ぜひ松戸デンタルクリニックにご相談ください。きっと、見た目、機能面ともにご満足いただける補綴物をご提供できると思います。