小児歯科

歯医者さんを好きになってもらうために

小児歯科

お子さまにも必ず歯医者さんの力が必要になる時が来ます。しかし、少なくとも患者さんが歯科医を毛嫌いしていたらよいパートナーシップを得ることはできません。患者さんも歯医者さんを好きになってもらわなければならないのです。

私たち大人の多くは子供のころのトラウマで歯医者さんがあまり好きではない方が多いと思います。このような体験をできるだけ避け、幼少期だけでなく大人になっても自分のお口の健康を守れるよう、当院では工夫しています。

まずは歯医者さんに慣れてもらうことが第一

小児歯科「お母さんに無理やり連れて行かれて、マスク姿の大人が口の中をグリグリしていじめてくる!」

そんなイメージが子どもについてしまったら、その後の治療も積極的になれませんよね。ですので、膿が出ていたり、すぐに処置が必要な場合を除いては無理やりな治療開始は致しません。

まずは診療台の上で歯ブラシや機材に手を触れて、雰囲気に慣れてもらうことから始めます。特に初めて訪れる特異な環境では子どもは不安でいっぱい。衛生士さんの優しい笑顔の中で少しずつ不安を解消していきます。

お子様に分かりやすく説明するのも歯科医の技術

小児歯科無口な歯医者さんは大人でも怖いもの。「はい、口開けて。。」の以後、勝手にガチャガチャと治療を始められては不安にもなります。

大人のようには理解できなくても、言葉や表現を変えて説明することはできます。医師が落ち着いて丁寧にお話すれば、意外とお子さんも分かってくれるものです。

少なくとも「この人はボクをいじめるようなことはしない」と分かってくれます。当院では頑張ったお子さんを褒めて自信を付けさせることも忘れません。

親御さんも一緒に成長しましょう

小児歯科子どもの歯は色々な役割があります。後から生えてくる大人の歯を正しい一に誘導する役割だったり、歯の配列を自然に保つ役割だったり、乳歯の役割は様々です。虫歯になったら抜いても問題ないわけではないのです。

そういった子どもの歯についての知識や情報は親御さんも一緒に学んでほしいと思います。

当院ではお子さんの治療への付き添いも可能ですので、ぜひ一緒に医師の話を聞いてみましょう。

虫歯の原因菌からあなたの子供を守るための5つのポイント

小児歯科

虫歯は感染症です。感染源は親から子への病原体の感染で起こることがほとんどです。 これを防ぐにはご両親の虫歯予防意識の向上と、親子一緒になった口腔内清掃が必要です。そのために必要な5つのポイントをご紹介します。

お母さんの口内環境正常化で感染源を絶つ

小児歯科主な感染源であるお母さんの口腔内を清潔に保つことで、お子さんへの感染リスクをかなり減らすことができます。

歯ブラシだけでの歯磨きだけでは十分ではありませんし、セルフケアだけでは到底十分なケアはできません。

予防歯科の概念を勉強してもらい、ご自身とお子さんのお口の健康を守って頂かなくてはなりません。

抵抗力が弱い子どもの歯を強くする

小児歯科子どもの歯は大人と比べて非常にもろく、虫歯に対して抵抗力が低いので、医学的に虫歯菌から防御してあげなくてはいけません。

フッ素を使った歯質の強化で抵抗力を付けたり、歯ブラシで磨きにくい凹凸部にシーラントという歯科用の素材を埋め込んで凹凸を減らし、ブラッシングがしやすい環境を作ります。

お子さんへの歯磨き指導

小児歯科もちろん、お子さんへの歯磨き指導も徹底して行います。

どんなにフッ素を塗っても、毎日のブラッシングが正しくできなければ虫歯は防げません。

毎日正しく磨く習慣をつけるのは大人でも難しいもの。だからこそ子供のうちから習慣づけておきたいですね。

歯の溝を埋めるシーラント

小児歯科先ほど出てきたシーラントというのは、虫歯の治療で使われるレジンという素材を使って歯のスキマや凹凸を埋めることで磨きやすくするものです。

歯の表面というのは想像よりも意外にデコボコしているものです。ブラシを正確に当てることが難しいので、より平らにしてあげることでブラッシングが簡単になります。

虫歯予防の強い味方「フッ素」

小児歯科フッ素は歯の密度を高めて歯質を強化し、虫歯菌や酸などから歯を守る効果が高いので歯科医院で使用されています。

子どもだけでなく大人も利用しており、生活習慣などで虫歯リスクの高い患者さんの歯を強くし、リスクから遠ざけます。

歯質の弱い子どもの歯への使用は一層効果的です。

子どもの歯並び、大切なんです

小児歯科

歯の矯正というのを聞いたことがあると思います。これは先天的に歯並びが悪い場合、それを正しい位置に誘導してあげる処置のことです。

子どもの場合、矯正するまでではないけれど、将来歯並びが悪くなる可能性がある子もいます。これを放っておくと実際に歯並びがさらに悪くなり、痛みが出たり見た目が悪くなったりします。これを防ぐのが「咬合誘導」といいます。これによって将来の歯並びの悩みを回避できるのです。

松戸で小児歯科をお探しの方は当院へご相談下さい

小児歯科

松戸に小児歯科はたくさんありますが、松戸デンタルクリニックでは、このようにお母さんも二人三脚でホームケアも含めたアドバイスを行なっております。松戸で小児歯科をお探しの方はぜひ、当院へご相談下さい。