新型コロナウイルス対策について

【初診のご予約について】現在、大変混み合っており、初診の患者さまについては1ヶ月程度先のご予約となります。予めご了承ください。

痛みの少ない虫歯の治療

松戸で”痛くない”、”削らない”むし歯治療をご希望の方へ

むし歯

松戸で痛くないむし歯治療をご希望の方は、ちょっと長いですが、このページを最後までご覧ください。きっとご安心いただけるはずです。

松戸デンタルクリニックでは、麻酔法と治療器具、そして当院ドクターのテクニックで患者様の痛みの不安を可能な限り排除して、安心の歯科治療を受けていただくことにこだわっています。

どうやって痛みをおさえるの?

痛くないむし歯治療

松戸デンタルクリニックでは、様々な治療器具と術者の腕をもって、患者様を治療の痛みから解放して差し上げています。痛みを感じないように治療するために必要なのが麻酔ですが、これも注射針が痛くて嫌だと言われています。これを痛みを抑えて行う痛みを抑えた虫歯治療のご紹介です。

松戸デンタル式痛くない虫歯治療法

ぬる麻酔薬を使う!

注射針を刺す箇所に塗るタイプのゲル状の麻酔薬で、これを塗れば注射針の痛みを感じなくなります。これで歯茎表面の感覚を無くしておいて、注射器を使ってより深いところまで麻酔をかけ、治療をしていくのです。このようなゲル状の表面麻酔を使ってくれるところはあまりありませんが、当院では患者様のご要望に応え準備しております。

sample

極細針の使用と麻酔液を温める!

麻酔液が歯茎に注入された時に不快な痛みを感じたことはありませんか?

それは自分の体温と差のある液体が入ってきたためにでる痛みです。これを防ぐために当院では麻酔液を人の体温と同じくらいまで温めてから使用します。

また、注射針そのものも極細の針を使用しています。昔の注射は本当に痛かった。しかし今ではかなり細くなっているんです。

sample

麻酔注射の打ち方で痛みが決まる!

『麻酔針を指しにいく』のではなく、『粘膜を針に指しにいく』という方法をとります。この違いはとっても大きく、これを意識するかしないかで、麻酔注射の痛みには天と地の差がでます!

sample

「削らず残す」負担の少ない歯科治療って?

歯の神経治療

虫歯をまったく削らないということは不可能ですが、虫歯部分だけを除去する際、天然歯を極限まで犠牲にしない方法にとことんこだわっています。天然歯を保護することができれば、被せ物ではなくつめ物で済みます(治療費も安価に、将来の治療の選択肢が増えることに繋がる)。

マイクロスコープによる精密治療

マイクロスコープによる精密むし歯治療虫歯の面積を肉眼で完璧に視認することはほぼ不可能です。肉眼では、天然歯と虫歯部分の境目がどうしてもあやふやになりがちになってしまいます。

肉眼の20倍程度まで拡大することのできる歯科マイクロスコープを使用することでそれらの精度を格段に引き上げます。

松戸でマイクロスコープを導入している歯科医院は、数%しかありません。全国的にみても5%程度だと言われております。

マイクロスコープや拡大鏡による拡大治療の重要性について動画で解説

二次カリエスに注意 ~あなたの銀歯は大丈夫?~

一般的には「銀歯」と言われている、保険診療の治療で使われている金銀パラジウム合金。 審美的にネガティブなだけでなく、二次的なトラブルが起きやすいことをご存知ですか?

二次的なトラブルの主なものとして、銀歯の下で進行してしまう虫歯(二次カリエス)があります。 ではなぜ、虫歯が出来やすいのでしょうか。 まずその理由の一つとして、詰め物自体の最初の精度が挙げられます。 肉眼では適合良く見えても、金銀パラジウムという材質の特性上、わずかな隙間が出来やすいのです。 この「精度」は、セラミックやゴールドと比べると私たち歯科医師がセットするときの感覚でわかるほどです。

また、他の理由として、銀歯自体の劣化があります。 金銀パラジウムはお口の中で安定せず、簡単に言うと体内に溶け出している状態です。溶け出しているということは、歯と銀歯の間の隙間が広がるということです。

  • 銀歯の下の虫歯
    銀歯が入っている歯に違和感があるということで、レントゲン写真を撮影した上で虫歯を確認し、銀歯を外すことにしました。

  • 二次カリエス
    銀歯を外したところです。銀歯を接着していた接着剤の劣化と虫歯が確認できますね。このように、銀歯は治療の連鎖を引き起こしやすくなってしまいます。

当院で行った銀歯を審美修復した症例(セラミック/CR充填)

当院で行った銀歯を白いセラミックの詰め物と、コンポジットレジン充填という方法で治療した例を解説つきでご紹介します。セラミックの詰め物は見た目がきれいになることももちろんですが、適合のよさや劣化のしにくさから、二次的な虫歯になりにくいという大きなメリットがあります。

  • ①ご来院時の銀歯の詰め物

    銀歯の詰め物
    患者さんの希望により、銀の詰め物をセラミックなどに換える処置を行うことにしました。

  • ②銀歯の除去

    銀歯の除去
    奥の詰め物を外したところです。歯質をなるべく多く残すように、慎重に金属を外します。

  • ③隣の歯も銀歯を除去

    銀歯の除去
    手前の詰め物も外して綺麗に処置を行ったところです。治療から5年程度経過した銀歯の下はほとんどのケースで虫歯に再感染し虫歯が広がっているケースが多いです。

  • ④レジン充填にて修復

    レジン充填
    手前の詰め物を外した部位に関しては、その範囲がそこまで広くなく、奥の詰め物を外すことで視野を確保できたこともあり、お口の中で直接詰めるコンポジットレジンという材料で処置を行いました。インレー治療より削る部分が少なくて済む処置です。

  • ⑤形成処理

    形成処理
    奥の歯はセラミックの詰め物で処置を行うために、強度や残存歯質の状態を考慮して形態を整え、型取りを行いました。

  • ⑥色合わせ

    色合わせ
    色の指標となるサンプルと患者さんの歯の写真を一緒に撮ることで、残存歯質の色と調和した詰め物を歯科技工士がオーダーメイドで作製することができます。

  • ⑦セラミックインレーの完成

    セラミックインレー
    模型と写真を歯科技工士に送り、精度の高いセラミックの詰め物を作製してもらいます。

  • ⑧インレー装着で治療完了

    インレー装着
    セラミックの詰め物を調整してセットしたところです。 色調もしっかりとマッチして審美的な回復が出来ていると思います。

▼上記症例の患者様データ

年齢・性別 21歳女性
治療期間 約3週間
治療回数 3回
治療費 約77,000円(税込)
考えられるリスク 歯質切削量が多くなる場合がある

患者様とのコミニケーションも大切

コミニケーション

歯医者さんを嫌いになってほしくないという思いから、丁寧な説明と納得ずくの治療を行っています。特にお子さんの治療に関しては、その後の歯科への関わり方を決めてしまう大切なイベントとして、歯医者さんを好きになってもらう工夫を随所にちりばめています。

歯医者さんにかかることをためらって、虫歯をより深いものにしてしまったら元も子もありませんからね。

松戸でむし歯の治療なら松戸デンタルクリニックへ

松戸でむし歯治療

このように、松戸デンタルクリニックでは、虫歯の治療について痛みを抑え、天然歯を保護することに、トコトンこだわりをもっております。松戸で痛くないむし歯治療をご希望の方は、ぜひ当院へご相談下さい。