MB2

投稿日:2018年6月11日

カテゴリ:治療

最近、遊んでいるブログばかりだと気づき(遅い…w)、今日は真面目な内容でいきたいと思います(笑)

三週間ほど前に初診でいらっしゃった患者さんです。

左上の奥歯の治療途中(まだ根管の中はほとんど手をつけていない状態でした)ということでご来院されました。

仮蓋を取り、虫歯が残っていたので除去したところ。

中も少し綺麗にしました。

ただ、このままではラバーダムがつかないので…。

こんな感じで隔壁という、補強の壁のようなものを作ったところ。

これでやっとラバーダムをつけて安心して根管治療ができます(^^)

隔壁を作ってから二回目の根管治療を行ったところです。

だいぶ綺麗になりました。

で、今回注目して欲しいのが、根管の数。

上の写真を見ると、根管の入り口が4つあるのがなんとなくわかるかと思います。

少し右に振った写真。

これだと3つが確認できますね。

少し左に振った写真。

左上のもう1つが確認できます。

つまり、この歯は根管の数が4つなんです。

学術的には”MB2”と言われる根管があり、この根管を見落とすことがけっこう多いんです。

この根管を見落として、未処置根管の状態になってしまうと、根の処置後でも”しみる”や”違和感”という症状が残ることがあります。

MB2の出現率はこの位置の歯では60%もしくはそれ以上と言われています。

ただ、入り口が他の根管に比べてとても細いことが多いので、発見がなかなか困難なことが多々あります。

そんなこんなで、今日は真面目な話でした(^^)

 

写真の掲載については患者さんの了承を得ています。

■ 他の記事を読む■