ダイレクトクラウン

投稿日:2020年9月3日

カテゴリ:治療

今日はダイレクトクラウンという処置方法についてご説明したいと思います。

まず、ダイレクトクラウンとは。

通常、歯の形態が広範囲に渡って損なわれている場合は最終的に被せ物が必要になることが多くあります。

しかし、フェルールが十分に確保出来ない場合は予後のいい被せ物を作ることが難しくなってしまいます。

そのような状況のときに根管の壁まで接着の対象として使い、根管から歯の形態まで一様にコンポジットレジンで作ってしまおうという考え方です。

では実際の処置です。

十分なフェルールの確保は難しい状況です。

まず模型上で反対側の歯の形態などを考慮して最終的な形態を作ります。

それを実際にお口の中で再現するための器具を用意します。

根管の中を十分に使ってコンポジットレジンをしっかり接着させます。

前もって用意した器具をお口の中で合わせて器具に沿ってコンポジットレジンを充填していきます。

後ろの壁を作り…

上の部分を作り…

隣の歯との接触する部分はまた違う器具を使います。

反対側も同じようにします。

両側の壁まで作った状態です。

真ん中を慎重に充填していきます。

全体的な微調整と研磨まで終わった状態です。

周りの歯と調和した処置が出来たと思います。

このように、歯科用接着剤の進歩により以前では難しかったような処置もコンポジットレジンで対応出来るようになっています。

 

写真は全て患者さんの了承を得て掲載しております。

■ 他の記事を読む■