歯根端切除術

投稿日:2018年7月2日

カテゴリ:治療

抜歯を回避する為の治療方法として、エクストルージョンなどがありますが、抜歯の”リスク”を回避する為の方法として歯根端切除術があります。

根尖病変がある場合は、基本的には根管治療が必要になることがほとんどです。

このとき、過去に根管治療を受けた歯の場合は、被せ物やコア(土台)を除去する必要があります。

ときには根の幅に対して太い金属のコアが入っていたりするので、それを除去するリスク(根が割れてしまうような)を考えると、再治療に介入するかどうかの判断に困ることが多々あります。

このような場合に有効なのが歯根端切除術です。

被せ物を除去する必要がないので、当然のことですが被せ物を作り直す必要もありません。

ケースバイケースで様々な処置を使い分ける必要がありますね。

■ 他の記事を読む■