難しい抜歯

投稿日:2017年5月7日

カテゴリ:治療

皆さんは難しい抜歯というと何を思い浮かべるでしょうか?

親知らずの抜歯というのが一つ大きなイメージにあるのではないでしょうか。

確かに、親知らずを抜くことは日常的に行われることですし、斜めもしくは横を向いている親知らずを抜歯するのはなかなか難儀なことがあります。

それに加え、意外に難しい抜歯は”虫歯などで上の部分が大きく欠けたもしくは薄くなっている歯の抜歯”です。

と言うのも、抜歯ってペンチのようなもので掴んで引っこ抜く、みたいなイメージがあると思うのですが、その”掴む場所”がなくなっているからです。

これが本当に難しくて、器具をかければボロボロと欠けていき更に難しくなり…。

本当に困難だと判断して、患者さんもそれを了解して頂ければ、抜歯の為のエクストルージョンという手もあります。

■ 他の記事を読む■